単身者の引越し見積もりのポイント|料金を安く抑えるには?

東京・埼玉・神奈川・千葉の激安単身引越しなら単身引越見積ネット

引越し見積もりで料金を安く抑える為には、どのようなポイントに気を付ければよいかご存知ですか? 業者選びから見積もりの依頼方法、ご自分に最適なプランなど、単身者の引越し料金を安く抑えるコツをご紹介します。

安い単身引越しの単身引越見積ネットTOP > 引越し準備 > 単身者の引越し見積もりのポイント|料金を安く抑えるには?

宅配便より激安

爆安75プラン

7,500円均一

レンタカーより安い

超節約プラン

最安10,500円

大人気No,1

標準プラン

平均15,500円

ニーズに細かく対応

オプション

必要な分だけ!

無料 簡単1秒 クイック見積もり
フリーダイヤル0120-915-846 無料見積もり お問い合わせ受付:11:00〜20:00

単身者の引越し見積もりのポイント|料金を安く抑えるには?

引越し見積もりで料金を安く抑えるには、どのようなポイントに気を付ければよいのでしょうか? 特に一人暮らしで荷物の少ない人にとっては、費用をいかに抑えるのかが重要となります。
そのためには業者選びから見積もりの依頼の仕方、そして自分にあったプランの選び方など、様々な方法を考えなければなりません。 ここでは、そのような単身者の引越し見積もりのポイントと、料金を安く抑えるコツをご紹介します。

目次

単身者の引越しに適した見積もりの取り方

引越し業者は非常に多く、自分に合った業者を選ぶことはとても簡単ではありません。 ポイントは単身者専門、あるいは シングルパックや単身プランなどの単身者向けの割引サービスを提供しているところを探すことです。

STEP1:見積もり依頼を行う

引越しの見積もりを依頼するには、Webサイトや電話から引越し業者に見積もり依頼する方法が主力になりつつあります。 Webでは、引越しの日程、旧居と新居の場所、荷物量などの簡単な情報が必要となります。

また、24時間問い合わせができるWebサイトからの見積もり依頼は、入力に慣れていないと時間がかかりますが、情報が多いほどより詳細な見積もりを取りやすくなります。 また忙しい人でも時間にかかわらず利用できるので非常に便利なシステムです。単身者の引越しを中心に取り扱う業者もあるので、単身者の引越しに大変適しています。

STEP2:引越し業者を比較する

業者により料金やサービス内容に違いがあるため、複数の業者から見積もりを取り、内容を比べることも必要となります。

また、その際には単身者の引越しに不要なサービスが含まれている可能性があるので、料金設定が適切であるか確認することも大切になります。 そして、不当に高額な料金を支払うことがないよう、他社と金額や内容を比較するとよいでしょう。

STEP3:引越し業者を決める

見積もりの内容に納得できたら、依頼する引越し業者に連絡を入れて契約します。そして、引越し業者と打ち合わせを行い、当日までに準備を行うことになります。 また、電話での打ち合わせのほかに、メールでの打ち合わせに対応する業者もあり、忙しくて電話に出られない場合には便利な方法となっています。


単身者の引越し見積もりの料金相場

引越しの料金は荷物の量と作業員の数、そして移動距離が基本となります。 その中でも荷物量によって使用するトラックの種類が異なることが大きな料金差となっています。

引越しに使用されるトラックには、軽トラックから4トンロングまで各サイズがありますが、単身者の場合は軽トラックと2トン車が主となり荷物量に応じて配車されます。 また、専用コンテナなどを利用する場合もあります。

荷物が少ない単身者の場合のトラックの種類

単身者で荷物が少ない場合は、軽トラックを利用されることが多く、荷物量の目安はワンルームや1Kとなります。 軽トラックの荷台は約1畳半のスペースなので、高さのある冷蔵庫や大型家具を除いて、ダンボール箱、小物や電子レンジ、洗濯機程度の家電製品も載せられます。

また、自転車なども載せられますが、他の荷物があまり載せられなくなってしまいます。 また、積載上限は350㎏なので注意が必要です。

荷物が多い単身者の場合のトラックの種類

荷物の多い単身者や2人での引越しでは、引越し専用の軽トラックか、2トンのショートボディ(標準車)となり、部屋の広さはワンルーム、1K、2Kなどが荷物量の目安となります。 そして荷台は約3畳半のスペースがあり、奥行きも高さも、そして横幅もあるので、軽トラックでは不可能だった食器棚のような大型の家具や、高さのある冷蔵庫やベッド、ソファなども運搬可能です。

通常期の料金相場

5月~翌年2月の通常期は、繁忙期と比べて引越し業者の予定が空いていることが多いため、希望する日程も取りやすくなり、引越し料金の相場は安くなる傾向にあります。

荷物が少ない単身者の場合

荷物が少ない単身者の場合は、引越し業者のプランやキャンペーンを利用することで、さらに料金を抑えられる場合があります。主に軽トラックが配車されます。

15km未満 平均29,268円(税抜き料金以下同様)
15km以上50km未満 平均34,530円
50km以上200km未満 平均45,370円
200km以上500km未満 平均52,994円
500km以上 平均54,961円

荷物が多い単身者の場合

長距離の場合、荷物が多いことで引越し料金が高くなる傾向がより大きくなる傾向にあります。引越し専用の軽トラック、もしくは2トンショートトラックが配車されます。

15km未満 平均38,087円(税抜き料金以下同様)
15km以上50km未満 平均40,994円
50km以上200km未満 平均52,373円
200km以上500km未満 平均63,558円
500km以上 平均69,893円

繁忙期の料金相場

3月~4月の繁忙期は、新生活に伴い引越しをする人が増える時期でもあり、引越しの需要が高く、料金が高くなりやすいため注意する必要があります。

荷物が少ない単身者の場合

通常期と比べて、約6,000~8,000円程度高くなる場合が多く、近距離ほどその傾向が強くなります。

15km未満 平均36,194円(税抜き料金以下同様)
15km以上50km未満 平均40,463円
50km以上200km未満 平均53,280円
200km以上500km未満 平均50,898円
500km以上 平均62,294円

荷物が多い単身者の場合

通常期と比べて料金に1万円以上の差が出ることもあるなど、長距離では混載便などの利用を考えた方がいいでしょう。 荷物量によって軽トラックではなく2トン車が配車されると料金が跳ね上がる場合があるので、極力荷物を少なくする必要があります。

15km未満 平均46,748円(税抜き料金以下同様)
15km以上50km未満 平均49,704円
50km以上200km未満 平均60,748円
200km以上500km未満 平均74,814円
500km以上 平均81,977円

【出典】価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/
※本記事に記載した料金は2019年9月現在のもので、異なる場合があります。ご了承ください。


単身者が引越し見積もりを安く抑えるポイント

単身者が引越し見積もりを安く抑えるためには、様々なポイントを押さえておく必要があります。 見積もり時のポイントはもちろん、その前に行っておかなければならないこともあります。

事前に不用品を処分しておく

引越しにかかる料金は、荷物量と移動距離により決まるので、引越しで運ぶ荷物量を減らすと、料金を安く抑えることにつながります。

荷物量が多いと、より大きなトラックの手配が必要となったり、作業員の人数が増えたりする場合もあり料金が高くなりやいので、処分できる家財など事前に処分して荷物をよりコンパクトにするようにします。 また、カラーBOXなど分解できるものは分解し、布団袋よりも圧縮袋を利用するなど、荷物を小さくまとめることも効果があります。

自分で荷造りや荷解きを行う

引越し業者に荷造りや荷解きを依頼すると、追加料金が発生することがあるので、自分で梱包すれば料金を抑えられます。

ただし、大型家電や家具など、荷造りや設置が難しい荷物は、プロに依頼したほうが安心です。 必要最低限のサービスを利用して、料金を抑えるよう心がけると同時に、荷物の破損などで、余計な費用がかからないよう注意をしましょう。

引越しの時間指定をしない

一般的に開始時間を決めない「フリー便」と呼ばれる引越しプランを選ぶと、業者の都合の良い時間帯から作業を開始するため、通常よりも料金が割安になる可能性があります。 スケジュールに余裕があれば利用するとよいでしょう。

また、時間指定を行う場合、作業開始時刻に合わせて「午前便」や「午後便」などの種類があり、「午前便」は見積もりの料金が高くなりやすいので、その場合は「午後便」を選びましょう。

条件付きのお得なプランを利用する

業者の中には、単身者向けプラン、格安プランなど、通常の料金相場よりも安く利用できるプランを用意している場合があるので、そのようなプランを設定している業者を選んだ方がよいでしょう。 ただし、対応エリア、荷物量などの条件がある場合が多いので、内容をチェックする必要があります。


単身者の引越し見積もりに便利な『単身引越見積ネット』とは?

荷物が少なく近距離の単身の引越し、特に都内や近郊の引越し費用の安さでは負けない、底値の激安引越しセンターの『単身引越見積ネット』の見積もり方法をご紹介しましょう。

『単身引越見積ネット』の無料見積もり

単身引越見積ネット』ではWebサイトの入力フォームか電話での見積もりとなります。訪問見積もりを行わないことで、余計な人件費をカットし、低価格を実現しています。 また従来の訪問見積もりより気軽に見積もりすることが可能となっています。
また『クイック見積もり』と『しっかり見積もり』が選べるほか、電話見積もりにも対応しています。

クイック見積もり

大まかな見積もりを速やかに取りたい場合に適していて引越し予定日、旧居の郵便番号、引越し先の都道府県などの簡単な情報を入力すると「自動見積メール」がすぐに届くシステムになっています。

しっかり見積もり

「クイック見積もり」よりも詳細な見積もりを取りたい場合に便利です。 引越し予定日、旧居と新居の住所、荷物の種類と個数などを詳しく入力するので入力に多少の時間がかかりますが、具体的な料金を知ることができるので、引越し日時や荷物量がはっきりしている場合に利用します。

電話見積もり

ネット利用ができなくても、引越しコンシェルジュが丁寧に対応してくれるので安心です。急な引越しや外出先からの見積もりが行えます。

  • 『単身引越見積ネット』フリーダイヤル(0120-915-846)で、11~20時受付(年中無休)

単身引越見積ネットの単身者向けプラン

単身引越見積ネット』の単身者向けプランには『爆安75プラン』『超節約プラン』『標準プラン』という単身者向けだけで3つのプランがあり、ご自分の荷物量や条件に合ったプランが選べます。

爆安75プラン

最安値7,500円を実現するプランで、運べる荷物量はダンボール20箱以内で引越しエリアは原則的に東京23区内となります。 ドア・ツー・ドアの配送のため依頼者も運搬を手伝ってもらいますが、宅配便より安い料金で降ろし地まで直行します。 都内での引越しで、荷物量の少ない単身者に最適のプランです。

超節約プラン

「爆安75プラン」より多めの荷物の量ダンボール約50個相当(容積4.6㎥)に対応します。 同一区内同士、または隣接する区への引越しで10,500円~、20㎞以内なら11,500円〜となります。 「爆安75プラン」の2.5倍の荷物を3,000円アップで実現しているので、多くの単身者が利用可能となるプランです。

標準プラン

単身の方はもちろん、家族の引越しにも対応するプランで、荷造りと荷解きは自身で行う必要がありますが、冷蔵庫や洗濯機などの設置はスタッフが行います。

荷物量はダンボール約90個相当(容積8.4m³)で同一区内同士、または隣接する区への引越しなら13,500円~、20㎞以内なら14,500円〜と、スタッフ2名と2トントラックが伺う本格的プランなのに格安料金であることが特徴です。 また、もっと荷物が多い場合は、ダンボール約120個相当(容積10.5m³)が可能で2トンロングのトラックとスタッフ3名が伺います。それでも24,500円~という低料金です。


自分に合った引越しプランを見つける

単身者の引越しを安く抑えるにはレンタカーを借りて自分でやったら良いと思う人がいるかもしれません。 しかし、工夫次第で引越し業者に頼んでもレンタカー代よりも安く済ませることも可能です。

大手引越しセンターのおまかせパックではなく、自分でやれることは自分で行い、荷物量を減らしてコンパクトにして準備しましょう。 様々な割引サービスを利用しつつ平日などの空いている日を選ぶだけでかなり引越し代を節約できます。 また、梱包資材も新品を購入するのではなくホームセンターやスーパーなどで譲ってもらうことで、余分な出費も防げます。

また、そのような準備に時間が割けない人も『単身引越見積ネット』のように単身者専門の業者なら、レンタカーを借りるより安く、しかもスムーズに早く引越しを終わらせることができます。 基本は、自分に合った格安料金の引越しプランを見つけることです。


全体のまとめ

単身者の引越し見積もりを安く抑えるにはいくつかポイントがあります。 最も重要なポイントはなるべく無駄を省くようにすることです。 運ぶ必要のない無駄な荷物はないか、一度きりしか使わないのに無駄な梱包材を購入しようとしていないか、依頼した引越し業者は無駄な大きさのトラックや作業員を見積もりに含ませていないかなど、意外に不必要なサービスやオプションが付いていることもあるのです。

単身引越見積ネット』の「しっかり見積もり」に必要項目を記入していくと、そんな無駄に気付くというメリットもあります。 引越しが決まりましたらぜひ、単身引越見積ネットの「しっかり見積もり」を利用してみてください。きっとスマートな引越しを実現することができるでしょう。

無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越業者ランキングTOP3常連の会社 2011年引越し侍利用者が選ぶ人気引越し会社Best50

お見積もりフォーム

  • 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
しっかり伝えることで、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり
2011年引越し侍利用者が選ぶ人気引越し会社Best50 ケーエー引越センターが引越し見積もり比較サイトでBest50に選ばれました!
  • 爆安75プラン

    お荷物少なく近距離なら7,500円 単身でお荷物が少なく近距離の引越しなら、7,500円ぽっきりの引越料金パック・プラン!ダンボールで20個までの引っ越しでパック・プラン適用条件を満たしていればOK! 詳細をみる
  • 超節約プラン

    最安値 10,500円 単身でお荷物が少なく、1円でも節約した引っ越しをしたい方おすすめ!当社自慢の特殊車両「ロイヤル号」とスタッフ1名でお伺いします。 詳細をみる
  • 標準プラン

    平均単価 15,500円 東京、埼玉の単身引越しの方には最適なパック・プランです。激安でも安心と安全なお引っ越しをお約束します。2トントラック1台と作業員2名でお伺いします。 詳細をみる
  • オプション

    平均単価 15,500円 お客様のニーズにきめ細かく対応するため、オプションは別料金です。ダンボール料金、時間指定料金、解体組立料金、共用部分養生料金などの必要サービスだけをお付けします。過剰なサービスで高額な料金は頂きません。 詳細をみる
無料 簡単1秒 クイック見積もり
無料 簡単1秒 クイック見積もり

単身者の引越し見積もりのポイント|料金を安く抑えるには?PageTOPへ

閉じる
0120-915-846