引越しを自分で行うコツ|準備の仕方から当日の作業の流れまで

東京・埼玉・神奈川・千葉の激安単身引越しなら単身引越見積ネット

自分で引越しをする場合、初めての引越しであれば、わからないことが多く戸惑うことでしょう。このページでは引越しを自分で行うコツと準備の仕方、そして当日の作業の流れまでを解説します。

安い単身引越しの単身引越見積ネットTOP > 引越し準備 > 引越しを自分で行うコツ|準備の仕方から当日の作業の流れまで

宅配便より激安

爆安75プラン

7,500円均一

レンタカーより安い

超節約プラン

最安10,500円

大人気No,1

標準プラン

平均15,500円

ニーズに細かく対応

オプション

必要な分だけ!

無料 簡単1秒 クイック見積もり
フリーダイヤル0120-915-846 無料見積もり お問い合わせ受付:11:00〜20:00

引越しを自分で行うコツ|準備の仕方から当日の作業の流れまでとは・・・

自分で引越しをする場合にはどのような準備をすればよいのでしょうか?初めての引越しであれば、わからないことが多く戸惑うことでしょう。レンタカーのトラックを借りることはわかっても、その他にやることや準備、そして注意する点もたくさんありそうです。そこで、ここでは引越しを自分で行うコツと準備の仕方、そして当日の作業の流れまでを解説します。 これを読めば安心して引越しすることができるでしょう。

目次

自分で引越しするときに必要な準備

自分で引越しをするためには、まず荷物を梱包してレンタカーを借り、必要なお手伝いをしてくれる人を集める必要があります。それらの順を追って説明しましょう。

梱包資材を用意する

引越し業者に依頼する場合には業者に手配してもらえることが多いのですが、今回のように業者を利用しない場合、荷物を梱包するためのダンボール、ガムテープ、緩衝材などを自分で用意する必要があります。 ダンボールは新品を購入するより、スーパーマーケット、ドラッグストア、ホームセンターなどで使用済みのものを無料で譲ってもらうなど、引越し前に用意しておくことで経費を抑えることができます。

必要になるダンボールの数は、単身者で10~15個が目安ですが、個人差があるので荷物量を見て多めに用意したほうが無難です。 また、荷台での荷物の固定と損傷を防ぐため、また部屋や階段・エレベーターなどを傷つけないようにするための養生に使えそうな、箱以外の段ボールも用意しておきましょう。

荷造りと不要品の処分を行う

引越し当日に運搬がスムーズに済むよう、予め荷造りしておくことが必要です。荷造りの過程で新居に不要な荷物もでてきます。 引越しは不要品を処分するチャンスでもあります。そのため、ゴミ袋は多めに準備した方がよいでしょう。

荷物を運ぶためのレンタカーを借りる

引越しの荷物を一般的なサイズの自家用車で運ぶことは難しい場合があります。 荷物の大きさや重さによっては、載せられないものがあるので、引越し当日までに、荷物を載せられる車両をレンタカーで手配する必要があります。 また、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電や、ベッドやタンスなどの大型家具は、素人で無理して運ばずに、大型の荷物だけ引越し業者に運搬してもらう方法もあります。

また、自分で運転できない場合は、運転してくれる友人の手配も必要です。台車などが使えるようなら同時に手配しておきましょう。

作業を手伝ってくれる人を集める

自分だけでは無理だと思ったら、家族、友達など手伝ってくれそうな人を引越し予定日までに余裕をもって声をかけておく必要があります。 一般的に、作業量が多い場合1人では運びにくい荷物もあり、時間がかかってしまうため、引越し当日の作業は複数人で行う方が好ましいとされています。

作業量に応じて十分な人数を確保することが大切です。なぜなら、人手不足だと引越しが予定通りに完了しない恐れがあるためです。 しかし、手伝ってくれる人には、現金を贈る、食事をご馳走するなどの謝礼を用意しておく必要もあるので、適正な人数で依頼するようにしましょう。


引越しを自分で行うときの当日の流れ

引越し当日の手順と流れも良く把握しておくことが、スムーズに引越しをするポイントとなります。

STEP1:旧居から荷物を搬出する

手伝ってくれる人達に運び方など指示を出し、率先して作業を行います。予め荷造りした荷物を旧居から搬出して車両に積み込みます。 レンタカーを借りる場合は、前もって車両を手配し当日の作業開始までに引き取っておきます。全ての荷物を搬出して、部屋の掃除が完了したら、退去の手続きをしましょう。

鍵や備品の返却、大家さんや管理会社の立ち会いのもと、部屋の原状回復の確認を行います。印鑑はすぐに出せるようにしておいた方が慌てずに済みます。 電気、水道、ガスの停止などは、事前に電話やインターネットで連絡して手続きすることも可能です。ガスの閉栓は立ち会いが必要となる場合もあるので確認しておきましょう。

STEP2:新居まで移動する

荷物を載せた車両を運転して新居へ向かいます。大きな荷物や重い荷物を載せているため、移動中に荷物が破損する恐れがあります。慎重に運転することが大切です。
車両に乗れる人数には限りがあり運転手以外は別の車や公共交通機関で移動する場合もあるので、移動距離が長い場合には、事前に新居までの行き方を確認しておいた方が安心です。

STEP3:新居へ荷物を搬入する

車両に載せた荷物をおろして運び込みます。近所の方への挨拶を行うことも大切です。電気、水道、ガスの開通手続きを行い、搬入した荷物の荷解きを行うことになります。
生活用品から優先的に取り組むことになりますが、手伝ってくれた人達には運び終わったら解散してもらい、荷解きは自分でゆっくりとした方がよいでしょう。


引越しを自分で行うときのコツ

引越しの流れと必要な作業は以上ですが、その他にも引越しを自分で行うときの注意とコツがあります。

搬出入時のリスク対策を行う

自分で引越しを行う場合、搬出入時に家具などで建物の壁や床に傷をつけてしまったり、移動中に荷物が破損する、レンタカーに傷をつけるなど、トラブルが発生しても補償を受けられない場合があります。 また、修理のために余計な費用がかかる可能性もあります。

傷が付きそうな箇所には、ダンボール、毛布、養生シートなどで予め保護し、移動時に荷物が衝撃を受けることがあるため、壊れやすい荷物を梱包するときは緩衝材を使用するなどの対策が必要です。 そして、レンタカーを借りる場合は十分な保険をかけることも重要です。

荷物の量に適した車両を借りる

現在の住居に越してきた時とは荷物の量が多くなっていることを考えなくてはいけません。 車両のサイズが小さ過ぎるタイプの車種だと、荷物を一度に載せられず、新居と旧居の往復が複数回必要になり、レンタカーの利用時間が延びて、超過料金が発生する場合があります。 サイズの大きい車両ほどレンタル料金が高くなるため、車両のサイズが大き過ぎると無駄なコストが生じます。

しかし、簡単に往復できないようなケースでは、あえて大きめの車種を選ぶ必要もあります。 また、軽トラで幌付きではない場合、思ったほど荷物が積めないので、金額が上がっても幌付きを手配することをおすすめします。


『単身引越見積ネット』とどちらが安く済むのか?

自力で引っ越すことはそれなりのメリットもありますが、デメリットもそれ以上にあります。 人数が多ければ楽そうですが、かえって気を遣って疲れることもありますし、引越し業者の料金相場より安くするつもりが、レンタカー代金以外にガソリン代やお礼などで逆に高くつくこともあります。

そして、必要な道具の手配や手間も多くかかります。さらに、繁忙期など引越しが集中する時期にはレンタカーも簡単には予約できません。 自力で引っ越す前に『単身引越見積ネット』で見積もって、自力で引っ越す場合にかかる料金をチェックし、本当に安く済むのはどちらか比較してみた方がよいでしょう。


全体のまとめ

自分で引越しをやろう!と思う人は、引越しが簡単にできると思っていたり、大変な作業であることはわかっていても、引越しにかける予算がなかったりと様々な理由が考えられます。 共通することは、引越し業者に頼むと高い料金を請求されるから、という認識があることでしょう。

しかし、引越し業者によってはレンタカーを借りるより安く済む場合があることを知っていれば、あえて困難な自力での引越しをしなくて済むのです。 引越しをしたいけど予算が・・・と思ったら、ぜひ『単身引越見積ネット』で見積もってみてください。 レンタカーを手配したり、人を集めたり煩わしいことをせずとも、安く楽に引越しを済ませることができるでしょう。

単身引越見積ネット

東京や首都圏のお引越しでしたら、ぜひケーエー引越センターにお任せください。 ケーエー引越センターは、相場の費用より格安でお引越しをしたいという方におすすめです。他社と比較しても安心な料金のお見積もりで、最高の満足をお約束します。
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越業者ランキングTOP3常連の会社 2011年引越し侍利用者が選ぶ人気引越し会社Best50

お見積もりフォーム

  • 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
しっかり伝えることで、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり
2011年引越し侍利用者が選ぶ人気引越し会社Best50 ケーエー引越センターが引越し見積もり比較サイトでBest50に選ばれました!
  • 爆安75プラン

    お荷物少なく近距離なら7,500円 単身でお荷物が少なく近距離の引越しなら、7,500円ぽっきりの引越料金パック・プラン!ダンボールで20個までの引っ越しでパック・プラン適用条件を満たしていればOK! 詳細をみる
  • 超節約プラン

    最安値 10,500円 単身でお荷物が少なく、1円でも節約した引っ越しをしたい方おすすめ!当社自慢の特殊車両「ロイヤル号」とスタッフ1名でお伺いします。 詳細をみる
  • 標準プラン

    平均単価 15,500円 東京、埼玉の単身引越しの方には最適なパック・プランです。激安でも安心と安全なお引っ越しをお約束します。2トントラック1台と作業員2名でお伺いします。 詳細をみる
  • オプション

    平均単価 15,500円 お客様のニーズにきめ細かく対応するため、オプションは別料金です。ダンボール料金、時間指定料金、解体組立料金、共用部分養生料金などの必要サービスだけをお付けします。過剰なサービスで高額な料金は頂きません。 詳細をみる
無料 簡単1秒 クイック見積もり
無料 簡単1秒 クイック見積もり

引越しを自分で行うコツ|準備の仕方から当日の作業の流れまでPageTOPへ

閉じる
0120-915-846