引越し用トラックの選び方|それぞれの荷物量の目安と料金相場

東京・埼玉・神奈川・千葉の激安単身引越しなら単身引越見積ネット

引越しを依頼するときには荷物量を伝えるとともに、用意されるトラックの種類や車種、そして大きさを教えてもらうことも必要となります。 引っ越しをする際、どのくらいの荷物量になり、料金相場はいくらくらいになるのでしょうか。引越し用のトラックの選び方について、解説していきます。

安い単身引越しの単身引越見積ネットTOP > 引越し準備 > 引越し用トラックの選び方|それぞれの荷物量の目安と料金相場

宅配便より激安

爆安75プラン

7,500円均一

レンタカーより安い

超節約プラン

最安10,500円

大人気No,1

標準プラン

平均15,500円

ニーズに細かく対応

オプション

必要な分だけ!

無料 簡単1秒 クイック見積もり
フリーダイヤル0120-915-846 無料見積もり お問い合わせ受付:11:00〜20:00

引越し用トラックの選び方|それぞれの荷物量の目安と料金相場とは・・・

引越し業者に引越しを依頼するときには荷物量を伝えるとともに、用意されるトラックの種類や車種、そして大きさを教えてもらうことも必要となります。 どのくらいの積載量があるかを知っておくと積み残しがなく引越しができるからです。

そのためには自分の荷物量がどのくらいになるのかを正確に知ることと、トラックの大きさによってどのくらい金額が変わるかも知っておく必要もあります。 それにより、同乗を依頼することやレンタカーで引っ越すことも視野に入れることができます。

引越し当日、利用されるトラックの大きさがわかっていれば、予め一緒に乗せてもらうよう同乗希望を依頼することもできるかもしれません。 一緒に乗ることで、引越先で業者を待たせず、すぐに搬入させることが可能となり時間の節約になります。 乗らない場合は、公共交通機関で移動することになるので、事前に所要時間を確認しておくとよいでしょう。

また、旧居と新居の前の道路が狭い場合はトラックが入らないケースもあります。 そのような場合、大きなトラック1台ではなく、幅の狭い車種2台で作業をすることもあるので、同乗の申し出は断られることもあります。

引っ越し業者に依頼せず、レンタカーを借りて自分で引っ越しする選択肢もあります。 レンタカーでトラックを借りる場合は貸し出しの手続きの際、何トンのトラックなのか確認をしておきましょう。 また、トラックの運転の経験がない場合、ハイエースなど大きめのバンタイプの車でもよいでしょう。

思わぬ事故やトラブルに遭うことも想定し、レンタカーを借りるときは、保険に入ることも検討しておきます。 免責ありか、なしかによって事故を起こした際どのくらいの負担になるか、確認しておいたほうがよいでしょう。

そして自分で引越しをするとき、注意しなければならない点がいくつかあります。引越しに不慣れなことから起因する事象です。

まず運転手をする場合、殆どの人はトラックの運転をしたことがなく、駐車に難儀することもあるかもしれません。 引越し先でうまく車庫やパーキングに入らないことも想定できます。

更に自分で荷物の梱包や積み込む際、必要な道具一式、ロープやラッシングベルト、台車など必要な道具を揃え使い方も調べておかなければなりません。 それらの扱い方もわからず、荷物の積み方、ロープでの固定の仕方・結び方など知らない場合には作業に手間取ってしまいます。 引越し時のロープや紐の扱い方は、イラスト入りで詳しく掲載されているサイト、動画などで確認しておくとよいでしょう。

積む順番を間違ってしまうとうまく荷台に入らないこともあります。引越し作業に気を取られてしまい、駐車違反などを起こしてしまう恐れもあります。 自分で引っ越しの準備をするとき、レンタカーを借りるとき、上記のことも踏まえ、準備することが大切になります。

では、引っ越しをする際、どのくらいの荷物量になり、料金相場はいくらくらいになるのでしょうか。 ここでは引越し用のトラックの選び方について、解説していきます。

目次

引越し用トラックのサイズの目安

引越し専用の車両の大きさは荷物量によって異なり、大き過ぎず小さ過ぎず、ピッタリのものが無駄なく理想ですが、距離のある引越しでは積み残しが出ないよう一度に運びきらなければならないため、大きめのものを手配する傾向にあります。

軽トラック

軽トラックは単身者の引越しに向いています。荷物量の目安としては、部屋の広さがワンルームや1Kなどが目安です。 テレビや電子レンジなど小さな家電やテレビ台程度なら許容範囲ですが、大型の家具類がないことが条件となります。

軽トラックの荷台は約1畳半のスペースで、積載上限は350㎏であることを覚えておきましょう。荷物量によっては幌付きの軽トラックではなく軽バンを手配することもあります。

2トンショートトラック

荷物の多い単身者や2人での引越しに向いています。 部屋の広さはワンルーム、1K、2Kなどが荷物量の目安となります。そして荷台は約3畳半のスペースがあるので、食器棚のような大型の家具やテーブル、冷蔵庫、洗濯機なども運搬可能です。

2トンロングトラック

2トンショートトラックよりも荷台が長く、2~3人での引越しに向いています。部屋の広さは2DK、2LDKなどが荷物量の目安です。 2トンショートと同じ幅ですが、荷室の長さがあるので荷台は約5畳のスペースがあり、大型の家具や家電をはじめ、自転車やソファなどのかさばる荷物も運搬可能です。

3トントラック

2トンロングトラック同様、2~3人での引越しに向いています。部屋の広さは2DK、2LDKなどが目安となります。 荷台は約6畳半のスペースがあります。2トンロングトラック同様の荷物の種類に加えて、衣装ケースや布団袋、ベッドなど、家族の人数分のかさばる荷物も十分積めます。

4トントラック

3~4人での引越しに向いているタイプで、部屋の広さは3K以上が目安です。荷台は約8畳のスペースがあり横幅もあるので、ほとんどの家財と長さのある荷物も積める荷室の容量があります。


引越し用トラックのサイズを選ぶときの注意点

事前に荷物の量を確認しておく

トラックのサイズは見積もりの段階で必ずチェックします。 選んだトラックのサイズが小さ過ぎると、荷物の積み残しが発生する可能性があり、当日に引越しの作業が完了しない場合や、引越し業者の作業量が増えて追加料金が発生するなど、問題が起きることもあるからです。

一人暮らしなのか、ファミリーの引越しなのか、部屋の広さの床面積や間取りはどのくらいなのかによって、荷物量が変わるので、荷物の内容や量を把握しておく必要があります。

荷物が多過ぎるときは、引越し前に荷物を処分できないか、検討してみることもおすすめします。 積み込みする荷物が減り、引越しの費用が安くなり、荷解きの負担が減るメリットがあるので、処分できるものがないか、事前に確認をしておきましょう。

荷物の重さを考慮する

トラックは公共の道路を安全に走行するために、サイズごとに最大積載量が決められていて、最大積載量を超えると法律違反とみなされるため注意が必要です。 荷物がトラックの荷台に収まっていても、例えば本が詰まったダンボールを大量に運ぶ場合など、最大積載量を超える恐れがあります。

荷物の大きさだけでなく、重さも考慮してトラックを選ぶことが大切です。 目安としては、軽トラックの場合は350㎏が最大積載量なので、ちょっと重めのダンボール箱が10㎏として35個が上限となります。

道路の道幅を確認しておく

旧居と新居の周辺に、トラックが通れない道がないかチェックする必要もあります。 トラックのサイズによっては、道幅が狭いため通れない場合もあり、車幅や高さ制限があると搬出、搬入するトラックを横付けできません。

その場合は通行可能な大きさの小さいサイズのトラックを手配し、何度か往復するか、複数の車で荷物を運ぶといった対応方法もあるので、正確に伝える必要があります。

また、車の通れない路地など台車を使って運ぶ横持作業の移動距離が長い場合や作業員を増やす必要がある時は、オプション扱いとなって基本料金に上乗せされる場合もあります。


引越し業者に頼んだ場合のトラックサイズと料金相場

実際に、引越し業者に頼んだ場合のトラックサイズと料金の相場を荷物量や時期によっての違いを比較しながら見てみましょう。 また近距離なのか、長距離なのかによっても料金に大きな差が出ます。200km以上の距離になれば、長距離専門の引越し業者に依頼したほうがよいでしょう。

例えば札幌までなら1,000kmにもなるので陸路以外、空輸での引越しを検討しましょう。ここでは50km以内の引越しの例を見ていきます。東京からの引越しでしたら、関東圏内までが大体50kmとなります。 あくまでも平均の数値であり、、オプションや各種状況によって異なるため、目安としてご覧ください。

荷物量が少ない場合の引越し料金の相場

繁忙期は新生活などに向けた引越しが集中し、引越し業者でもトラックや作業員が不足するため予約がとりにくくなり、通常期と比べて引越し料金は高くなります。

荷物量が少ない場合

荷物量が少ない単身引越しでは、軽トラック、2トンショートトラックなどを使用することになり、トラックが小さいため引越し料金が安くなる傾向にありますが、長距離の引越しではコストが高くつくこともあります。

繁忙期(3月~4月)

距離:~15km未満(市区町村内) 平均36,269円
距離:~50km未満(都道府県内) 平均40,396円

通常期(5月~2月)

距離:~15km未満(市区町村内) 平均29,240円
距離:~50km未満(都道府県内) 平均34,562円

荷物量が多い場合

単身の場合【繁忙期(3月~4月)

距離:~15km未満(市区町村内) 平均46,713円
距離:~50km未満(都道府県内) 平均49,684円

単身の場合【通常期(5月~2月)

距離:~15km未満(市区町村内) 平均38,263円
距離:~50km未満(都道府県内) 平均41,012円

家族2人の場合【繁忙期(3月~4月)

距離:~15km未満(市区町村内) 平均80,755円
距離:~50km未満(都道府県内) 平均81,171円

家族2人の場合【通常期(5月~2月)

距離:~15km未満(市区町村内) 平均64,194円
距離:~50km未満(都道府県内) 平均68,014円

家族3人の場合【繁忙期(3月~4月)

距離:~15km未満(市区町村内) 平均93,983円
距離:~50km未満(都道府県内) 平均103,510円

家族3人の場合【通常期(5月~2月)

距離:~15km未満(市区町村内) 平均76,888円
距離:~50km未満(都道府県内) 平均78,475円

荷物量が多い場合は、2トンロングトラック、3トントラック、4トントラックなどを使用することになります。 トラックのサイズが大きいため、引越し料金が高くなりやすいので、引越しの少ない平日、業者の都合の良い日時、作業時間を指定しない「フリー便」など料金が安くなる日時の引越しがおすすめです。

【出典】価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/
※本記事に記載した料金は2019年9月現在のもので、異なる場合があります。ご了承ください。


自力でトラックを手配して引っ越す場合の料金相場

レンタカーを利用して自分で引越しした場合にかかる費用は「車両のレンタル料」と「協力者へのお礼」で、目安としては50km圏内の近距離で引越しを行う場合、単身者で約25,000円必要となります。

また、家族の引越しの場合、同じ条件で、約60,000円の費用になります。 引越し業者に依頼するよりも単身者で1万~1万5,000円、家族の引越しで40,000円前後費用が安くなる傾向にあります。

また、引越し業者の繁忙期には通常期よりも料金が高くなるので、その差もさらに広がる可能性があります。

単身者の場合

車両レンタル代(ワンボックスカー/12時間) 7,000円
高速・ガソリン代(50km圏内) 3,000円
ダンボール箱代(20箱分) 4,000円
布テープ/ガムテープ代(3巻分) 900円
協力者へのお礼(1人分) 10,000円
自力でトラックを手配して引っ越す場合の料金相場の合計 24,900円

家族がいる場合

車両レンタル代(2トンロング/12時間) 15,000円
高速・ガソリン代(50km圏内) 5,000円
ダンボール箱代(50箱分) 10,000円
布テープ/ガムテープ代(5巻分) 1,500円
協力者へのお礼(3人分) 30,000円
自力でトラックを手配して引っ越す場合の料金相場の合計 61,500円

【出典】価格.com「引越し費用・料金相場」https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/
※本記事に記載した料金は2019年9月現在のもので、異なる場合があります。また、実費有無やその他必要に応じて家屋や共用部分を保護するため、養生する資材などによっても変わりますので、ご了承ください。

自力での引越しより料金を抑えられる格安業者もある

自力で引越しをする利点は費用を抑えられることですが、条件を絞ることで低価格を実現している引越し業者があり、条件次第では自力で引っ越すよりも安くあげることができます。

例えば、単身者で首都圏での近距離引越しなら『単身引越見積ネット』がおすすめです。以下に「単身引越見積ネット」の3つのプランについてご紹介します。

  • 宅急便よりも安い「爆安75プラン」

荷物が少なく都内や近郊など近距離の単身の引越しなら7,500円ポッキリという「爆安75プラン」が最適です。

適用条件は、ご自身で用意された段ボール箱20箱以内、1階玄関から1階玄関へのドア・ツー・ドアの運搬、室内の移動などはお客様にお手伝いをお願いするので、元気な方にピッタリな引越しパック・プランです。 宅配便より安く、しかも翌日配送の宅配便と異なり、積み地から降ろし地までの「直行便」なので早いだけでなくプロのスタッフと作業を行う安心感もあります。

  • レンタカーより安い格安の「超節約プラン」

超節約プラン」では、最安値10,500円からという、前の項でご説明した自力でトラックを借りて引っ越した場合よりも安い料金を実現しています。 専用車両「ロイヤル号」とスタッフ1名が伺い、引越し作業は依頼者も手伝う前提になります。

自力での引越しと異なり、賠償保険に加入しているため、万が一、荷物が破損しても補償されます。また、プロのスタッフが付いているため作業もスピーディーで引越しが早く終わります。

このプランの条件は、首都圏近郊の単身者限定で、荷物量はダンボール約50個相当(容積4.6立方メートル)までとなります。料金は、同一区内同士または隣接する区へは10,500円~、20km以内なら11,500円~となっています。

  • 2トントラックを利用する「標準プラン」

標準プランは、単身の方の引越しに加え、家族の方の引越しにも最適なパック・プランです。 格安料金ながらもプロの引越しスタッフ2名が2トントラックまたは2トンロングのトラックで伺う内容なので、大型家具や家電類もプロの引越し専門スタッフに荷造りから運搬まで任せられます。

また、テレビやパソコンなどの梱包も任せられるので安心です。 引越し用ダンボールの荷造りと荷解きはご自身で行う条件ですが、冷蔵庫や洗濯機などの設置は 特殊な部品が必要である場合を除き、スタッフが安全に取り付作業を行います。

料金は同一区内同士、または隣接する区へのお引越しで、荷物量がダンボール約90個相当(容積8.4m³)の場合は13,500円~。 20km以内なら14,500円~、同距離でダンボール約120個相当(容積10.5m³)の場合は24,500円~となっています。

【出典】単身引越見積もりネット「料金パック・プラン


レンタカー代金より安い引越し料金もある

引越しにかかる費用を安く抑えるために、自分でレンタカーを借りて自力で引っ越す人も多いと思います。 そして、実際にそのような引越しを経験すると、思ったより安く終わらなかったと思うはずです。

レンタカーだけをとっても、返却するまで3時間で済めば安いのですが、6時間12時間となると料金は倍々と膨れ上がり、当然自分で運転もしなければなりません。 さらに、それ以外の料金も決して無料ではなく、特に手伝ってくれた人へのお礼は場合によってはレンタカー以上の負担となり、事故が起きたときは自腹というリスクもあります。

それと逆に引越し業者の料金は、過剰なサービスを含んだパック料金だけの業者ではなく、余分な付帯サービスを省いてダンボール料金、時間指定料金、解体組立料金、共用部分養生料金など必要なサービスだけを選べる業者であれば、レンタカー代金より安くなることもあるのです。

引越しには資材の準備にダンボールやガムテープ、他にも例えば引越し先で挨拶の際に配るものに平均800円程度のものを用意するなど、引越しそのもの以外の料金もかなりかさんでしまいます。 引越し会社に依頼すればレンタルしてくれるハンガーボックスも購入せずレンタルすればその料金も節約でき、よりスムーズに引っ越すことができるでしょう。

異動などで引っ越す場合、多少引越代を会社が負担してくれることもあるかもしれませんが、いつもそのような引越しばかりとは限りません。

少しでも引越しそのものの料金を抑えつつ、引っ越すことができるのであれば、必要最低限のサービスだけお願いできる業者に依頼するほうが、レンタカーを借りて自力で引っ越すより、結果的に安く安全に引っ越すことができるでしょう。


全体のまとめ

引越しで重要なことは、自分がどのようなタイプの引越しが必要なのか、どのようなことができて何が無理なのかを知ることではないでしょうか。 荷物が少なくて荷造りも自分でできるのなら、あえて引越し業者に全てお任せにする必要もなく、格安料金で引っ越すことも可能です。

また、荷物量が多くて荷作りの時間も取れないのなら料金が高くても全てを任せ、お荷物梱包サービスやお任せパックなど利用しても、決して無駄ということにはなりません。 その分、人件費をかけても支払いに見合う時間や労力の節約ができるでしょう。

逆に、実際に料金を調べて、これだけ安くなるのなら自分で荷作りをしようとか、思ったより安そうだからこのオプションを付けようという判断が付きます。 「単身引越見積もりネット」の見積もりがその助けとなるでしょう。 引越しが決まったらまず『単身引越見積ネット』の見積もりサイトを覗いてみてください。見積もりの安さに、思わず感嘆せずにはいられないことでしょう。

単身引越見積ネット

東京や首都圏のお引越しでしたら、ぜひケーエー引越センターにお任せください。 ケーエー引越センターは、相場の費用より格安でお引越しをしたいという方におすすめです。他社と比較しても安心な料金のお見積もりで、最高の満足をお約束します。
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越業者ランキングTOP3常連の会社 2011年引越し侍利用者が選ぶ人気引越し会社Best50

お見積もりフォーム

  • 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
しっかり伝えることで、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり
2011年引越し侍利用者が選ぶ人気引越し会社Best50 ケーエー引越センターが引越し見積もり比較サイトでBest50に選ばれました!
  • 爆安75プラン

    お荷物少なく近距離なら7,500円 単身でお荷物が少なく近距離の引越しなら、7,500円ぽっきりの引越料金パック・プラン!ダンボールで20個までの引っ越しでパック・プラン適用条件を満たしていればOK! 詳細をみる
  • 超節約プラン

    最安値 10,500円 単身でお荷物が少なく、1円でも節約した引っ越しをしたい方おすすめ!当社自慢の特殊車両「ロイヤル号」とスタッフ1名でお伺いします。 詳細をみる
  • 標準プラン

    平均単価 15,500円 東京、埼玉の単身引越しの方には最適なパック・プランです。激安でも安心と安全なお引っ越しをお約束します。2トントラック1台と作業員2名でお伺いします。 詳細をみる
  • オプション

    平均単価 15,500円 お客様のニーズにきめ細かく対応するため、オプションは別料金です。ダンボール料金、時間指定料金、解体組立料金、共用部分養生料金などの必要サービスだけをお付けします。過剰なサービスで高額な料金は頂きません。 詳細をみる
無料 簡単1秒 クイック見積もり
無料 簡単1秒 クイック見積もり

引越し用トラックの選び方|それぞれの荷物量の目安と料金相場PageTOPへ

閉じる
0120-915-846