引越しの流れ|前日までの準備や当日に作業すべきことは?

東京・埼玉・神奈川・千葉の激安単身引越しなら単身引越見積ネット

初めて引越しをする場合、どこから手を付けていいのかわからないのではないでしょうか?引越しの流れと前日までの準備や当日に作業すべきことについて、順を追ってご説明します。

安い単身引越しの単身引越見積ネットTOP > 引越し準備 > 引越しの流れ|前日までの準備や当日に作業すべきことは?

宅配便より激安

爆安75プラン

7,500円均一

レンタカーより安い

超節約プラン

最安10,500円

大人気No,1

標準プラン

平均15,500円

ニーズに細かく対応

オプション

必要な分だけ!

無料 簡単1秒 クイック見積もり
フリーダイヤル0120-915-846 無料見積もり お問い合わせ受付:11:00〜20:00

引越しの流れ|前日までの準備や当日に作業すべきことは?

初めて引越しをする場合、どこから手を付けていいのかわからないのではないでしょうか? 失敗する引越しと成功する引越しはその「段取り」で決まります。「段取り」、つまりしっかりとした準備と正しい流れを事前に決めておけば、ほぼその引越しは成功したといえるでしょう。

そこで今回は、引越しの流れと前日までの準備や当日に作業すべきことについて、順を追ってご説明します。さらに、激安料金で話題の『単身引越見積ネット』も併せてご紹介いたしましょう。

目次

引越し前日までの準備の流れ

まずは引越しが決まってから、引越し前日までにやるべきことからご説明しましょう。ここをおざなりにすると、後々のスケジュールや流れに影響が出てきてしまいます。 そこでスムーズに引越しを進められるよう、激安料金で話題の『単身引越見積ネット』も後程ご紹介いたします。

引越し先を選び、日程を決める

少なくとも1カ月前には予定を立てておくことが重要です。 まずは不動産屋で引越先の部屋探しをすることが第一となります。 入居日の目処がつかないと引越しの予約をすることもできません。

特に繁忙期(3~4月)は賃貸の更新時期と重なり、賃貸から賃貸へ引っ越す人がとても多い時期なので、人気の物件は次の借り手がつきやすく、どんどん人気のよい物件から募集がなくなります。 その時期に引越しをしたい場合は最低でも希望日の前日までに入居ができるよう、契約を済ませておきましょう。

この時期は転職や退職など人事異動による引越しが増える時期と、新生活をスタートする学生や社会人の引越しと重なり、一年で最も業者の予約が埋まりやすい期間となります。 あっという間に引越し業者の予約が埋まり、希望する日程が取りにくくなるので、早めに行動することが大切です。

引越しのスタイルを決める

次は引越し業者を利用するか、自分でレンタカーを借りて引越しするか選ばなければなりません。 これを決めないと準備することや流れも大きく変わってきます。

自分で引越しすると、引越し業者に依頼するよりも料金を安く抑えられる場合がありますが、逆に作業の量が増えたり、事故が起きた際に補償がなかったりなど、トラブルに対するリスクも考慮する必要があります。

そして、条件によっては『単身引越見積ネット』のように、自分で引越しするよりも安いプランのある業者もいますから、慎重に検討しなければなりません。 また、家具や冷蔵庫など特定の大型荷物だけを引越し業者に運搬してもらい、他の荷物は自分で運搬するという引越しスタイルもあります。

引越し業者に見積もりを出してもらう

複数の引越し業者を比較し、依頼したい業者を選んだら見積もりを出してもらうことも必要です。 近距離の引越しなのか、県外や遠方の長距離引越しなのか、距離によって得意とする業者も違ってくるのでニーズに合った引越し業者を選びましょう。

また引っ越すのが単身であれば荷物量が少ないので、単身パックのようなパックプランのある業者を選ぶとよいでしょう。 逆にファミリーやオフィスの引越しであれば、荷物量が多いため訪問見積もりをしてくれるような、大きなトラックがあり、長距離でも対応してくれる業者を選んだほうが多少高くても積みこぼしもなく安心です。

また『単身引越見積ネット』を利用する場合なら、引越しプラン、現住所の郵便番号、引越し先の都道府県、引越し予定日を入力するなど、簡単な条件を入力するだけで自動見積もりメールが1秒で届く「クイック見積もり」が便利です。 コンシェルジュによる電話での無料見積もりも可能なので、利用してみることをおすすめします。

さらに、荷物の数量など細かくフォームに入力する「しっかり見積もり」という方法も選べます。 条件を具体的に記入する手間はかかるものの、見積もり料金は安くなる場合が多いので、荷物量がはっきりしている場合ならぜひ活用しましょう。

引越しの事前準備を行う

引越しの前に、お住まいの住居の管理会社や不動産の大家さんに、旧居の賃貸契約を解約する連絡を入れるなど、旧居を退去する手続きや、必要書類の提出などを早めに済ませておく必要があります。 また、電気、水道、ガス会社などへの連絡や、役所での転出届の届け出、郵便局で郵便物の転送届提出、インターネット事業者や光回線への停止や移転のための変更手続きも必要となります。

さらに、お子さんがいる場合は転校手続きや在学証明書の取得など、学校の関係の手続きや手配も必要です。手続き方法は、各役所に確認しておきましょう。

また、生活保護を受けている人の引越しの場合、事前に役所の窓口で相談しておく必要があります。結婚や離婚の場合も、入籍などの手続きと併せて、転居時に必要な書類や提出先の窓口なども調べておくとよいでしょう。

荷造り

引越し当日までに荷造りを完了させる必要があります。 思ったより時間もかかり、段ボール箱など梱包資材の用意もあるので、少なくとも1週間前には着手しておかないと、当日慌てることになってしまいます。

荷物の量が多い場合には、さらに余裕をもって荷造りを始めなければ間に合いません。また、新居の間取りを確認しておきます。 なぜなら、大型家電や家具のレイアウトを決めておくと当日の引越し作業がスムーズに行えるからです。

そして、同時に不用品や粗大ゴミの処分も計画を立てておかないと、新居にゴミを持ち込むことになってしまいます。 粗大ゴミはお住まいの粗大ゴミ受付センターに申し込みをしましょう。繁忙期は混み合いますので、希望の日に出せなくなる可能性もあります。早目に連絡をしたほうが無難です。

マンションなどの場合、指定の場所があるので、引っ越し業者に運んでもらえるかも確認しておけばさらに安心です。引越し当日に向け、万全の対策を取っておけば間違いありません。


引越し当日に旧居で行う作業の流れ

さて、準備がしっかりできていれば当日の作業はスピーディーに行えるはずです。

引越し業者に搬出の指示を出す

引越し業者の到着までに最後の荷造りを完了させておき、トラックが到着したら、搬出作業の段取りを確認します。 丁寧に運んでもらいたい荷物がある場合は、予め業者に伝えておくか、壊れやすいもの、割れものなどの表示を付けておくと安心です。

そして、引越し業者に依頼していない場合は、手伝ってくれる知人と共に搬出作業を行うことになります。

退去の手続きを行う

最後に、ガスの閉栓に立ち会い、電気のブレーカーを下げ、掃除を行い、ゴミも処分するなど、今まで住んでいた部屋をきれいにします。

そして忘れ物がないことを確認し、管理会社や大家さん立ち会いのもと、部屋の原状回復が行われたかの確認と退去の手続きを行い、鍵や備品を返却し、家賃の清算をすることになります。 この時印鑑が必要になるのですぐ出せるようにしておきましょう。

新居まで移動する

レンタカーを借りて自力で引越しする場合は問題ないのですが、引越し業者は貨物を運ぶ「貨物自動車運送事業」の許可は取得しているものの、乗客を運ぶ「旅客自動車運送事業者」の許可は得ていない場合が殆どなので、希望しても同乗することはできません。

したがって、新居の場所と到着時間を打ち合わせ、引越し業者の到着時刻までに新居に到着するよう、自家用車や公共交通機関を利用して移動することになります。


引越し後に新居で行う作業の流れ

新居での作業は慎重に行う必要があります。 家屋に傷をつけないようにするのはもちろんですが、運び込んだ荷物が適当に置かれると、作業後の荷解きに支障が出るため、予め計画を立てて準備をしておく必要があります。

引越し業者に搬入の指示を出す

引越し業者が到着したら、全ての荷物が揃っていることを確認し、同時に荷物に傷や破損がないかもチェックします。 そして、搬入作業の段取りを確認して、冷蔵庫や洗濯機、家具など事前に決めた配置にしたがって、荷物を各部屋へ運んでもらい、作業が完了したら、引越し料金を支払って終了です。

アンケートを行っている業者もありますので、回答をしておきましょう。次回利用するときにリピーターの割引をしてもらえるかもしれません。

引越し業者に依頼していない場合は、知人と共に搬入作業を行い、引越しを手伝ってくれた知人に金銭や食事などのお礼をすることがマナーとなります。 また、近所の迷惑とならないように大きな声を出さないようにする配慮も必要です。エアコンなどの設置作業は、引越し作業中か翌日以降になる場合もあるので、確認を取っておきましょう。

新居で生活を始める準備をする

新居に移ったら退去と同じように、役所での転入届や、電気、水道、ガスの開始の手続きを行い、ガスの開栓に立ち会います。 その他に役所での印鑑登録、警察では免許証の住所変更など転居に伴う届け出や各種変更手続きも行っておく必要があります。

不動産屋によっては一括で公共料金の変更手続きを請け負ってくれるサービスを行っている場合もあるので、利用してもよいかもしれません。

異なる市区町村に転出する場合、国民健康保険を持っている人は手続きをしておきましょう。引越前でも手続きは可能ですが転出後2週間以内に手続きをしておきましょう。 手続きが遅れると保険診療が使えなくなることや、保険料をさかのぼって収める必要が出てくる場合があるため、注意が必要です。

そして荷解きを始めるときですが、生活に必要なものから優先的に作業するとスムーズに進めることができます。その際、退去の荷物と混同しないよう別にしておくと便利です。 梱包に使用したダンボールや緩衝材などを処分しますが、地域の定めた日と回収場所を守りましょう。 また、引越し業者によっては引き取ってくれる場合もあります。さらに、近所の方へ挨拶も早めにしておくこともマナーです。


必要な作業を計画立ててより早く

引越しを順序よく行うためにはチェックリストを活用すると効果的です。 また、引越しに伴う手続き方法やリストが役所に用意されているので、旧居か新居のどちらかの役所で手に入れることをお勧めします。

そして、役所や銀行など、土日祝日の対応がない場合が殆どです。平日に仕事がある人は限られた日程の中で、効率的に一気に諸手続きが進むように計画を立てて行動しましょう。 何よりも早く必要な作業を始めて、余裕をもって引越しの当日を迎えるのがコツです。


全体のまとめ

引越しというと荷物の移動と思われがちですが、実は様々な手続きの方が面倒で時間をとられることが多いのです。 加えて自分でレンタカーを借りて引っ越そうとするとさらに仕事が増えて大変な労力が必要となります。せめて荷物を運ぶことだけでも引越し業者に任せてみませんか?

単身引越見積ネット』なら費用もレンタカーを借りる場合と変わらないか、むしろ安く見積もってもらえることでしょう。きっと満足のいく引越しとなるはずです。

単身引越見積ネット

東京や首都圏のお引越しでしたら、ぜひケーエー引越センターにお任せください。 ケーエー引越センターは、相場の費用より格安でお引越しをしたいという方におすすめです。他社と比較しても安心な料金のお見積もりで、最高の満足をお約束します。
無料見積もり・お問い合わせ受付|11:00-20:00 0120-915-846
引越業者ランキングTOP3常連の会社 2011年引越し侍利用者が選ぶ人気引越し会社Best50

お見積もりフォーム

  • 全ての項目をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。
お引越しタイプ
現在のご住所
引越先ご住所
引越しご希望日
お名前
フリガナ
メールアドレス ※『hotmail』をご使用されますと、こちらからの返信メールをお届けできないケースがございます。可能な限り他のメールアドレスをご使用ください。
電話番号
しっかり見積もり
荷物の数量指定で具体的な見積額が分かります。
しっかり伝えることで、大抵の場合さらに安くなります!
しっかり見積もり
2011年引越し侍利用者が選ぶ人気引越し会社Best50 ケーエー引越センターが引越し見積もり比較サイトでBest50に選ばれました!
  • 爆安75プラン

    お荷物少なく近距離なら7,500円 単身でお荷物が少なく近距離の引越しなら、7,500円ぽっきりの引越料金パック・プラン!ダンボールで20個までの引っ越しでパック・プラン適用条件を満たしていればOK! 詳細をみる
  • 超節約プラン

    最安値 10,500円 単身でお荷物が少なく、1円でも節約した引っ越しをしたい方おすすめ!当社自慢の特殊車両「ロイヤル号」とスタッフ1名でお伺いします。 詳細をみる
  • 標準プラン

    平均単価 15,500円 東京、埼玉の単身引越しの方には最適なパック・プランです。激安でも安心と安全なお引っ越しをお約束します。2トントラック1台と作業員2名でお伺いします。 詳細をみる
  • オプション

    平均単価 15,500円 お客様のニーズにきめ細かく対応するため、オプションは別料金です。ダンボール料金、時間指定料金、解体組立料金、共用部分養生料金などの必要サービスだけをお付けします。過剰なサービスで高額な料金は頂きません。 詳細をみる
無料 簡単1秒 クイック見積もり
無料 簡単1秒 クイック見積もり

引越しの流れ|前日までの準備や当日に作業すべきことは?PageTOPへ

閉じる
0120-915-846