引越し業者とレンタカーの違い・メリット・デメリットとは?|ケーエー引越センター

東京・埼玉・神奈川・千葉の激安単身引越しなら単身引越見積ネット

引越し業者とレンタカーで引越しどちらがお得?メリット・デメリットとは?

激安単身引越しのケーエー引越センターTOP > 引越し準備 > 手続き、やること > 引引越し業者とレンタカーの違い・メリット・デメリットとは?
引越し業者とレンタカーで引越しどちらがお得?メリット・デメリットとは?

どれだけ値引いてくれたとしても、引っ越し業者へ依頼すると相応の予算が必要です。 「運転免許」「重い荷物を運べる体力」「人員の確保」「時間的余裕」のある人ならば、自分でレンタカーを用意して引っ越せば、引越し費用がギリギリまで安く抑えられます。 ただし、レンタカーでの引っ越しは、安くできるメリットだけではありません。引っ越し業者へ依頼する場合と比べたときの、メリット・デメリットについてチェックしておきましょう。

目次


  • レンタカーで引っ越せば本当に安くなるの?
    • レンタカーを利用した引っ越しは、本当に割安なのでしょうか? 「単身者」「繁忙期を除く割安な平日」「割安の時間帯」「自分で荷造り」という条件に限定して、3つの距離で実際に比べてみましょう。

      同市内(20km以内)の近距離へ引っ越す場合

      • 引越し業者の相場…20,000円前後(荷物が少ない場合)

      • 引越し業者の相場…30,000円以上(荷物が多い場合)

      • 日通 単身パックS(108×74×155cm)…15,000円(Web割引2,000円を適用後)

      • 日通 単身パックL(108×104×175cm)…16,000円(Web割引2,000円を適用後)

      • トヨタレンタカーの利用…6,480円(軽トラ12時間までのレンタル)+ガソリン代+補償1,620円(NOC)

      • トヨタレンタカーの利用…10,260円(2tトラック12時間までのレンタル)+ガソリン代+補償1,620円(NOC)

      関東圏(100km以内)の中距離圏へ引っ越す場合

      • 引越し業者の相場…40,000円前後(荷物が少ない場合)

      • 引越し業者の相場…50,000円以上(荷物が多い場合)

      • 日通 単身パックS(108×74×155cm)…15,000円(Web割引き2,000円を適用後)

      • 日通 単身パックL(108×104×175cm)…16,000円(Web割引き2,000円を適用後)

      • トヨタレンタカーの利用…6,480円(軽トラ12時間までのレンタル)+ガソリン代+補償1,620円(NOC)+高速代

      • トヨタレンタカーの利用…10,260円(2tトラック12時間までのレンタル)+ガソリン代+補償1,620円(NOC)+高速代

      他県(100km以上)の長距離圏へ引っ越す場合【東京(新宿)→大阪(道頓堀)の場合】

      • 引越し業者の相場…60,000円前後(荷物が少ない場合)

      • 引越し業者の相場…70,000円以上(荷物が多い場合)

      • 日通 単身パックS(108×74×155cm)…23,000円(Web割引き2,000円を適用後)

      • 日通 単身パックL(108×104×175cm)…26,000円(Web割引き2,000円を適用後)

      • 日通 単身パックX(荷物が多い場合)…59,000円

      • トヨタレンタカーの利用…6,480円(軽トラ12時間までのレンタル)+ガソリン代+補償1,620円(NOC)+高速代9,780円+ワンウェイシステム32,400円

      • トヨタレンタカーの利用…10,260円(2tトラック12時間までのレンタル)+ガソリン代+補償1,620円(NOC)+高速代9,780円+ワンウェイシステム32,400円
      いかがでしょうか。おおむね関東圏内での引越しなら、レンタカーを使ったほうが安くなる計算です。専用ボックスに入れる日通の「単身パックS」が突出して安く感じますが、こちらは荷物の少ない人向け。 ベッドやソファーを入れるのは難しく、さらに規定サイズの専用ボックス内に入らなければ、2つ目のボックスを追加しなければなりません。 2つセットなら1ボックスにつき1,000円ほど割引してくれますが、それなら引っ越し業者へ依頼したほうが手間暇を考えると楽でしょう。

      レンタカーをレンタルする場合、引越し業者に頼ることなく、自分で荷物を運搬するのだから安くなって当たり前と思ってしまいますが、長距離に関しては微妙な試算となります。 主な原因は、借りた車を転居先の店舗へ返却するサービス「ワンウェイシステム」。トヨタレンタカーの場合、東京で借りた車を大阪の店舗へ返却すると、別途32,400円が追加されてしまいます。 かといって、引越しを終えてから借りた店舗へ返却するのは現実的に難しいはず。以上のことから、レンタカーを使った引っ越しは、長距離を除いた近~中距離までの利用に限定したほうが良いでしょう。

      フリーダイヤル0120-915-846 無料見積もり お問い合わせ受付:11:00〜20:00 無料 簡単1秒 クイック見積もり
  • レンタカーで引っ越しする場合のメリット・デメリットを教えて
    • レンタカーを使って自分で引っ越す場合のメリットは、なんと言っても「引っ越し代を安く抑えられること」。 軽トラックでも相応の荷物が運搬できますが、2tトラックを使えば大型家電や家具でも余裕で運べるはず。長時間レンタルすれば、のんびり時間をかけて引っ越し作業ができるのもメリットになります。 車の移動中に食事したり、荷下ろしの途中で小休憩したりもできますからね。

      一方、デメリットもあります。荷物の梱包までは良いとして、問題なのは荷物の搬出・搬入からトラックの運転まで、自分でやらなければならないところ。 運転免許を持っていて、日頃から車の運転していることが必須条件となりますね。また、特に大型家電や家具は、一般の人ならとてもひとりでは運べません。友人や会社の同僚に手伝ってもらう必要が出てきます。

      そして荷物の搬出・搬入時では、賃貸マンションの通路や壁を傷付けたときに自分で補償することになります。万が一のための通路や壁を保護シートで覆う作業は、材料も含めて自分で用意しなければなりません。 当然、落として家電が壊れてしまった場合、どこにも修理代を請求できませんよ。なにより、これらの作業を素人がやることになるため、引越しのプロより余計に時間がかかります。 引越し業者なら数時間の作業ですが、半日~丸1日くらいを想定したほうが良いでしょう。

      上記のとおり、デメリットばかりが気になってしまいますが、それでも引っ越し費用を安く抑えられる魅力は抗いがたいものがあります。 そこで以降では、レンタカーで引っ越しする場合の「気を付けておきたい注意点」についてまとめていきましょう。

  • レンタカーで引っ越しするときの注意点① 引っ越し作業に必要な道具
    • レンタカーを借りて自分で引っ越す場合、必要な道具は荷物を梱包するダンボールやガムテープだけに留まりません。用意しておくと便利な道具を以下にまとめてみました。

      • ダンボール(梱包用、および通路などの保護シートに利用)

      • ガムテープ(梱包用)

      • 養生テープ(梱包用、および荷物の固定、保護シートの固定に利用)

      • ビニールテープ(布団などをひとまとめにしておくために利用)

      • ロープ(荷台内で大型家具や家電などの固定に利用)

      • 新聞紙(割れ物を包むために利用)

      • 気泡緩衝材(割れ物、および傷付いたら困る荷物を包むために利用)

      • 使い古した毛布(荷物を包むため、およびフロアシートの代わりとして利用)

      • 台車(荷物を運搬するときに利用)

      • 脚立(照明器具の取り付けに利用)

      • 45~90lのゴミ袋(皺になってもかまわない布団やゴミを入れるために利用)

      • 工具類(本棚やベッドを分解するために利用)

      • はさみ

      • カッターナイフ

      • 軍手

      • 雑巾

      上記した項目すべて用意しなければならない、というわけではありません。1度きりしか使わない台車や脚立を購入するのは、勿体ない話ですからね(レンタルという手段もあります)。

      ただし、ダンボールやガムテープなどの消費する道具は、引っ越す荷物の総量や環境を想定して、それより余裕を持って多めに用意しておきましょう。 引越当日に足りなくなって作業の途中で買い足しに出かける……なんてことになると、そのぶんだけ作業の遅延を招きますからね。

  • レンタカーで引っ越しするときの注意点② レンタルする車の種類に注意
    • 引っ越し作業用の車には、「軽トラ(T0クラス)」「ハイエース」「ドライバン(RDクラス)」「1t~2tトラック(T1~T2クラス)」を使うことになります。

      運転しやすいのは「軽トラ」と「ハイエース」。どちらも相応の荷物が搬入できるため、荷物の少ない単身者なら余裕で詰め込めるでしょう。大きめの家具やベッド、冷蔵庫や大型テレビでも大丈夫ですよ。

      ※軽トラックに搬入できる荷物の一覧(画像は「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」のWebサイトから。

      ただし、荷物を整理していて、少し多いなと思っている人は、「ドライバン」や「1tまたは2tトラック」にしておいたほうが無難です。いざ引越日に荷物が入りきらなくて、急いでピストン輸送するような面倒は避けたいですからね。 どのくらいの荷物が入るのか、レンタカーのWebサイトをチェックすれば荷台のサイズが確認できます。引っ越しする荷物を1箇所にまとめてみて、どのくらいの量になるのか把握しておきましょう。

      レンタカーのWebサイトでは、荷台のサイズが確認できます(画像は「ニッポンレンタカー」のWebサイトから。

      またトラックの場合は、できれば有料オプションの「ほろ(緑色の覆い)」を付けておくべきです。雨のときに濡れることを避ける目的だけでなく、晴れた日でも荷物を固定する作業が省けるからです。

      それから2tトラックをレンタルするときは、免許証を確認しておくことを忘れないように。2017年3月12日以降に免許を取得している人は、2tトラックを運転できなくなるからです。 それ以前に免許を取得している人は「5t限定準中型免許」となり、問題なく2tトラックも運転できますよ。

      とはいえ、2tトラックは普通の自動車と内輪差が異なり、運転するのに慣れが必要です。よほど運転に自信のある人を除いて、できれば2tトラックのレンタルは控えるべき。 中~近距離なら、いっそ2回に分けて作業したほうが楽かもしれませんよ。

  • レンタカーで引っ越しするときの注意点③ 事前に走行ルートを想定しておこう
    • ほとんどの人は、最寄り駅から徒歩何分かかるとか、徒歩圏内の環境を調べるため、新居の賃貸物件を徒歩で探しているはずです。たとえ車を所有していても、旧居から新居までを車で走行した人は少数派でしょう。 しかし、レンタカーを利用した引越しとなると話は別。

      引越し作業がスムーズに行えるように、引っ越す曜日や時間帯で、どのくらい混み合うのかを事前にチェックしておきましょう。 このとき、不慣れな車を運転することになるため、できるだけ狭い道は避けるような走行ルートを想定しておきます。また、転居先の駐車スペースもチェックしておくべき大事なポイント。 一方通行の狭い道路では、他の車が通り抜けできない場合があるからです。

      車を所有していない人は、「Googleマップ」や「YAHOO!地図」のルートマップ機能を使うと走行ルートが確認できます。特に「Googleマップ」では、ストリートビューで360度撮影された景観までチェックできて便利。 家にいながら道路の状況が確認できますよ。

      「googleマップ」を使えば、家にいながら走行ルートの検索や転居先の風景が確認できます(画像は「googleマップ」のWebサイトから。
  • レンタカーで引っ越しするときの注意点④ 駐車するときに気を付けること
    • 荷物の搬出および搬入時は、賃貸マンションの敷地内に駐車できるスペースがある場合を除いて、近くの道路へ車を駐車することになります。このタイミングで駐車違反の切符を切られるのは勘弁してほしいところ。 手伝ってもらう人員を多めに確保できる人なら、駐車中に1人だけ運転席で待機してもらいましょう。何かあったとき、すぐに移動・対応できれば搬出・搬入作業に集中できますからね。

      最低限の人員しか確保できない場合は、警察署へ「駐車許可証」を発行してもらいましょう。都内・埼玉・神奈川であれば、事前に申請先警察署へ連絡してから、申請に必要な書類を提出するだけ。 神奈川県では、駐車許可申請書をPDFファイルがダウンロードできますよ。埼玉は、交通規制課へ電話すれば対応してくれます。

      「駐車許可証」は、引越当日の1週間前くらいに申請しておくのが無難です。転居元と転居先、それぞれで「駐車許可証」を申請しておくことを忘れないように。 ちなみに、道路の混み合う時間や駐車する場所によって、申請しても発行されない可能性もあります。駐車する場所の状況を把握した上で、申請先警察署へ相談してください。

      警視庁のWebサイトで「駐車許可証」の申請に必要な書類や連絡先がわかります 画像は「警視庁」のWebサイトから。
  • レンタカーで引っ越しするときの注意点⑤ 搬出・搬入時に周囲を傷付けない
    • 荷物を搬出・搬入するときは、部屋の中だけでなく、賃貸物件の通路やエレベーター、レンタカーの車内を傷付けないように気を付けましょう。 引っ越し業者では、傷付けそうな通路や部屋の壁をプラスチック製パネルで保護したり、床にキルティングマットやフロアシートを敷いてくれます。 また、階段を利用した運搬では、滑り止め付き階段マットを用意してくれる業者もあります。どれも個人で用意することは難しいものばかり。かといって、何も施策を講じないのは危険です。

      そんなときに役立つのがダンボール。カッターナイフを使ってダンボールをシート状に展開すれば、プラスチック製パネルの代わりとて使えます。 狭い通路など、ぶつけそうなくらい危険な場所では、2枚を重ねて利用すると少しだけ安心できます。ダンボールシートの固定には、剥がしたときに跡が残らない養生テープを利用します。

      ダンボールシートは、床のフロアシート代わりとしても使えますが、滑ったときの摩擦で床が傷付くこともあるので注意。養生テープを使って、動かないようにしっかり固定しておきましょう。 キルティングマットの代わりには、使い古した毛布がおすすめ。処分する予定があるのなら、引っ越し作業まで残しておくと良いでしょう。ただし、どちらも引っ越し業者が行うような広い範囲まではカバーできません。 転居元と転居先それぞれで、保護の必要となる要所を事前にチェックしておくべきです。

      このほか、レンタカーの車内も傷付けない施策が必要です。荷台内の床面および周囲をダンボールシートで保護しておきましょう。

      フリーダイヤル0120-915-846 無料見積もり お問い合わせ受付:11:00〜20:00 無料 簡単1秒 クイック見積もり
  • レンタカーで引っ越しするときの注意点⑥ 時間配分には余裕をもたせる
    • よほど慣れていない人でない限り、プロへ依頼したときのような迅速さは望めません。引っ越しのための時間は、引っ越し業者へ依頼する数倍の時間を想定しておくべきです。 このとき、各作業で大まかに時間配分しておくと、作業の流れが把握しやすくなります。

      荷造りが完了しているならば、引っ越し作業は「搬出前作業」「搬出」「掃除」「移動」「搬入前作業」「搬入」「片付け」の7つに区分けできます(「搬出前作業」および「搬入前作業」とは、上記した傷付きやすい通路などの部分をダンボールシートで保護する作業のこと)。 手伝ってくれる人が多めに確保できるならば、「転居元での作業」と「転居先での作業」の2チームに分かれて役割を決めておき、各場所で時間をずらして来てもらったほうが余暇を少なくできます。

      力仕事の「搬出」と「搬入」を男性、細かな場所に気遣いできる「掃除」と「片付け」を女性にお願いするのが良いでしょう。 搬出後の「掃除」、転居先への「移動」、転居先での「搬入前作業」は同時に作業できるため、各チームの責任者を決めておいて鍵を渡しておきます。スマフォのSMSなどを使って、リアルタイムに情報を共有しておくと便利ですよ。 このあたりは、シングルタスクで作業するプロの作業よりも有利な点と言えますね。

      手伝ってくれる人が1人~少人数の場合は、皆で同じ作業に専念しましょう。引っ越し業者と同じ方法ですね。各工程での作業時間を最短で終わらしたほうが、結果的に効率が良くなるからです。

      フリーダイヤル0120-915-846 無料見積もり お問い合わせ受付:11:00〜20:00 無料 簡単1秒 クイック見積もり
  • レンタカーで引っ越しするときの注意点⑦ 手伝ってくれた人への謝礼について
    • 友人・知人に引越しを手伝ってもらう場合、謝礼が必要になりますが、現金だと悩みどころです。相場のバイト代を払うと、もろもろ含めて引っ越し業者へ依頼するよりも多く出費してしまう可能性があります。 かといって1,000~2,000円とかだと、少なすぎて不満を感じる人も。現金での謝礼ではなく、たとえば引越後の食事や飲み代を全額負担するなどの方法を考えるべきです。

      引越し代を安く抑えたいというのが目的なのですから、手伝ってくれる人へは最初からその旨(現金で謝礼できないこと)を話しておきましょう。 そのうえで引っ越し後の食事や飲み代などを負担して、その場でみんなへ感謝を伝えれば、きっと楽しいイベントのひとつになりますよ。

      フリーダイヤル0120-915-846 無料見積もり お問い合わせ受付:11:00〜20:00 無料 簡単1秒 クイック見積もり
  • 東京で底値の引越し見積もりを入手する方法
    • 単身、一人暮らし~2LDKくらいまでの家族の引越しのなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。(4LDK以上の大家族だと逆に高くなる可能性があるので注意)

      荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

フリーダイヤル0120-915-846 無料見積もり お問い合わせ受付:11:00〜20:00 無料 簡単1秒 クイック見積もり
2011年引越し侍利用者が選ぶ人気引越し会社Best50 ケーエー引越センターが引越し見積もり比較サイトでBest50に選ばれました!
  • 爆安75プラン

    お荷物少なく近距離なら7,500円 単身でお荷物が少なく近距離の引越しなら、7,500円ぽっきりの引越料金プラン!ダンボールで20個までの引っ越しでプラン適用条件を満たしていればOK! 詳細をみる
  • 超節約プラン

    最安値 10,500円 単身でお荷物が少なく、1円でも節約した引っ越しをしたい方おすすめ!当社自慢の特殊車両「ロイヤル号」とスタッフ1名でお伺いします。 詳細をみる
  • 標準プラン

    平均単価 15,500円 東京、埼玉の単身引越しの方には最適なプランです。激安でも安心と安全なお引っ越しをお約束します。2トントラック1台と作業員2名でお伺いします。 詳細をみる
  • オプション

    平均単価 15,500円 お客様のニーズにきめ細かく対応するため、オプションは別料金です。ダンボール料金、時間指定料金、解体組立料金、共用部分養生料金などの必要サービスだけをお付けします。過剰なサービスで高額な料金は頂きません。 詳細をみる
無料 簡単1秒 クイック見積もり
無料 簡単1秒 クイック見積もり

引越し業者とレンタカーの違い・メリット・デメリットとは?PageTOPへ

閉じる
0120-915-846