引越し時の食器や皿の梱包と荷造りのコツ|ケーエー引越センター

東京・埼玉・神奈川・千葉の激安単身引越しなら単身引越見積ネット

引越しにおける食器の梱包と詰め方、箱詰めする際の包み方と梱包材とは?

激安単身引越しのケーエー引越センターTOP > 引越し準備 > 荷作り > 引越し時の食器や皿の梱包と荷造りのコツ
食器の梱包と詰め方、箱詰めする際の包み方と梱包材

お椀・大皿・小皿・小鉢など、普段から使っている食器類は、用途に応じて素材や大きさが異なっています。引越し時には、これらをまとめて、できるだけコンパクトに梱包しなければなりません。 引っ越し後に荷物を開けたとき、食器が割れてしまっていた……。そんな不幸な事故を防ぐためにも、ここでは食器類の梱包方法について紹介していきます。

目次


  • 普段使いのものだけを残して、残りの食器から梱包しておこう
    • 引っ越しするときは、使っている食器を個別に包んでダンボールへ箱詰めします。とはいえ、食器は毎日の食事に欠かせない道具。 引越日の1週間前くらいから、最低限必要なものだけを残して、残りの食器から作業を初めていきましょう。

      1人につき、飯椀(ご飯茶碗)1個+大皿1枚+汁碗1個+箸くらいあれば、なんとか食事ができるでしょう。 食器を片付け始めたら引っ越しするまで、これらの食器だけで抑えられるような食事の献立に徹してください。 一人暮らしなら外食オンリーに切り替えるのもアリ。家に持ち帰る弁当は、ゴミを増やしてしまうので控えたほうが良いですよ。。

      フリーダイヤル0120-915-846 無料見積もり お問い合わせ受付:11:00〜20:00 無料 簡単1秒 クイック見積もり
  • お金をかけたくないのなら定番の新聞紙で梱包しよう
    • 食器を包むための、定番アイテムと言われているのが「新聞紙」です。大きくて柔らかい紙なので、どんな食器でも梱包可能。くしゃくしゃに丸めれば、緩衝材としても使える多様性が魅力です。 新聞を購読している家庭なら毎日無料で手に入りますしね。

      新聞紙を使う場合は、小さな食器であっても、1枚を折れ目に沿って半分に切って使うのが基本です。 どの食器でも任意の角あたりに食器を置いてから、対角線上の角へ向けて、くるくる回すように包んでいきます。 回していくとき、左右に出ている新聞紙を内側(食器側)へ折っていくとコンパクトになりますよ。

      取手の付いているジョッキ、細い足部分のあるワイングラスなど、特殊な形状の食器については、その部分だけを重点的に新聞紙で巻いておいてから、上記した方法で全体を包んでいきます。

  • お金に余裕のあるときは緩衝材での梱包がオススメ
    • 便利な新聞紙ですが、やっぱり紙なので、耐衝撃に過度な期待は禁物です。 お金に余裕があれば、ミラマットシート(シートタイプの緩衝材)または気泡緩衝材(いわゆる、プチプチのこと)で包んでおきましょう。 ミラマットシートは、食器を包むのに適した正方形のサイズで販売されています。

      食器を多めに持っている人は、1枚ずつ使えるミラマットシートが楽ですね。包む食器類が少ない人は、他の荷物を梱包するときにも使えるロール巻の気泡緩衝材がオススメ。 用途に応じて切るのは面倒ですが、引っ越しの荷物全般で強い味方になってくれます。

  • タオルで包むのはアリなの?
    • 食器を梱包するとき、よく耳にするのが「緩衝材の代わりに食器をタオルで包むこと」。実のところ、推奨している人もいれば、批判的な意見の人もいます。 たしかに緩衝材として活用できますが、まずはタオルと新聞紙(または緩衝材)、それぞれのメリットとデメリットを理解しておきましょう。

      最初に、タオルを利用する場合から。メリットは、「手持ちのタオルを使うため、別途費用がかからない」「タオルもまとめて梱包できる」などが挙げられます。 デメリットは、「タオルがしわくちゃになる」「包んである食器が割れた(あるいは欠けた)ときは、破片が怖くて使用できない」など。 タオルの利用に批判的な人は、後者の食器が割れた(あるいは欠けた)ときのことを危惧する意見が多いようです。

      続いて新聞紙(または緩衝材)の場合。メリットは、「新聞を購読している人なら、別途費用がかからない」「包んでいる食器が割れて(あるいは欠けて)しまっても対処が簡単」など。 デメリットは、「引っ越し後に大量のゴミ(使った新聞紙や緩衝材)を出してしまう」「食器に新聞紙のインクが付くこともある」「新聞紙を購読していない人(緩衝材を使う人)は、別途費用がかかる」などが挙げられます。

      どちらも一長一短。もちろんタオルを選んでも、適切に対処できれば問題ありませんよ。 タオルを使って残りを新聞紙で包む、なんて方法だってOK。引っ越す自分の環境に応じて、好みの方法を選んでください。

      フリーダイヤル0120-915-846 無料見積もり お問い合わせ受付:11:00〜20:00 無料 簡単1秒 クイック見積もり
  • 梱包する前に食器の整理はやっておくべき
    • ところで台所の食器類は、すべて使えていますか?どこかで購入したり、友人・知人からもらったり、婚礼返しに贈られたりして、少しずつ増えていくものです。 買ったまま(あるいは、もらったまま)の状態で台所の戸棚に放置されていないでしょうか? 引っ越し時には、できるだけ荷物を少なくするのが鉄則。引越しの機会に食器類は整理しておきましょう。

      まず、封の空けていない新品は、リサイクルショップで買い取ってもらいましょう。ただし、婚礼返しの食器類は、名前が記載されている場合もあるので取り扱いに注意してください。

      続いて、一度でも使用した食器類は、ほとんどのリサイクルショップで引き取ってもらえません。思い切って、ゴミとして処分してください。 捨てるのに抵抗のある人は、メルカリなどのフリマアプリを利用すると引き取ってもらえる可能性があります(タダ同然ですけどね)。 ただし、フリマアプリの利用は取引までに時間が必要です。引っ越しまでに時間的な余裕のある人向けになるでしょう。

  • ダンボールへ箱詰めするときのコツって?
    • 食器類を包んだら、いよいよダンボールへの梱包作業です。 用意するのは、「食器を入れるためのダンボール」「新聞紙or緩衝材orタオル」「段ボールの縦横幅よりも数センチほど小さくしたダンボールのシート」の3種類。 まずは、ダンボール内の底および周囲をしわくちゃにした新聞紙(または緩衝材やタオル)で敷き詰めます。少し間隔を空けながら、そこに高さの近い食器を並べてください。 並べ終わったら、空いている空間と上側に新聞紙(または緩衝材やタオル)を詰めて1段目が完了。ダンボールのシートを被せて、同様の作業で2段目にも食器類を梱包していきます。

      積み重ねるのは、多くても3段目まで。頑丈なお椀や平皿などの重たい食器を下段にまとめて、ガラス製コップなどの割れ物は、できるだけ上段の位置になるように配置してください。 それから、最下部と最上部には、多めの新聞紙(または緩衝材やタオル)を心がけるように。 最後にダンボールを閉じてから左右に振って、カチャカチャと食器同士の干渉音がしないことを確認できれば完成です。 ガムテープで閉じてから、ダンボールの底面以外の各面に「食器・割れ物注意」とマジックで大きく書いておきましょう。

  • 引越し予算に余裕があれば、業者の食器専用ケースを使うと楽
    • 引っ越し業者では、さまざまな種類の食器が個別に収納できる「食器専用ケース」をレンタルしてくれる場合もあります。 食器専用ボックスは緩衝材で仕切られていて、その中に食器類を入れていくだけ。 食器類を個別に包まなくて良いため、新聞紙などの緩衝材は必要ありません。食器類の梱包作業が格段に手抜きできますよ。

      ただし、食器専用ケースは基本的に有料オプション。引越し予算が増えてしまうのは悩みどころですね。 また、レンタルなので、「梱包作業が引越当日ギリギリになってしまうこと」「引っ越し後は、すみやかに荷ほどきして返却しなければならないこと」などのデメリットも挙げられます。 予算に余裕があれば、「食器専用ケース」のレンタルも検討してみてはいかがでしょうか。

      アート引越センターでは、11種類の食器専用ケースが用意されています(画像はアート引越センターのWebサイトから)。
  • 東京で底値の引越し見積もりを入手する方法
    • 単身、一人暮らし~2LDKくらいまでの家族の引越しのなら、現在のところ、以下のサイトで底値の見積もりを得られます。(4LDK以上の大家族だと逆に高くなる可能性があるので注意)

      荷物量や距離によって更に割引が効くのが特徴で、自動見積メールより価格が下がることも多いです。 引越日によって単価が違うので、思い切って「どの日が一番安いですか?」とオペレーターに聞いてしまうと良いでしょう。

フリーダイヤル0120-915-846 無料見積もり お問い合わせ受付:11:00〜20:00 無料 簡単1秒 クイック見積もり
2011年引越し侍利用者が選ぶ人気引越し会社Best50 ケーエー引越センターが引越し見積もり比較サイトでBest50に選ばれました!
  • 爆安75プラン

    お荷物少なく近距離なら7,500円 単身でお荷物が少なく近距離の引越しなら、7,500円ぽっきりの引越料金プラン!ダンボールで20個までの引っ越しでプラン適用条件を満たしていればOK! 詳細をみる
  • 超節約プラン

    最安値 10,500円 単身でお荷物が少なく、1円でも節約した引っ越しをしたい方おすすめ!当社自慢の特殊車両「ロイヤル号」とスタッフ1名でお伺いします。 詳細をみる
  • 標準プラン

    平均単価 15,500円 東京、埼玉の単身引越しの方には最適なプランです。激安でも安心と安全なお引っ越しをお約束します。2トントラック1台と作業員2名でお伺いします。 詳細をみる
  • オプション

    平均単価 15,500円 お客様のニーズにきめ細かく対応するため、オプションは別料金です。ダンボール料金、時間指定料金、解体組立料金、共用部分養生料金などの必要サービスだけをお付けします。過剰なサービスで高額な料金は頂きません。 詳細をみる
無料 簡単1秒 クイック見積もり
無料 簡単1秒 クイック見積もり

引越し時の食器や皿の梱包と荷造りのコツPageTOPへ

閉じる
0120-915-846